これから土地の売却をするならまず査定をしてもらいましょう

 

土地を売却したいと思っても、すぐに買い手がつくわけではありません。
自分で買いたいという方を探すのは大変ですから、不動産会社に仲介を依頼することになります。
不動産会社に仲介を依頼する前に、査定を行ってもらいどれくらいの価格で売却できそうかという目星をつけましょう。
査定は、直接物件を見てもらって行ってもらうのがベストです。
もちろん、その価格で売れるというわけではありません。
あくまで目星をつけるだけなのですが、これによってどの不動産会社に仲介してもらうかを決める大切なステップです。
仲介業者を決めたなら、それからは仲介業者と二人三脚で土地を売ることになるわけですから、簡単に言えばパートナー探しをするのと同じことです。
パートナーになってもらう人は、信頼できて頼り甲斐のある人が良いと思いませんか。
仲介依頼をするのなら、査定を依頼した不動産会社がどのような振る舞いをするかをよく見ておきましょう。
そして、ここならと思えるところと売却依頼をすることです。