債務整理のとるべき方法

 

債務整理をしようと思った時に、方法は主に3つあります。
1つは、個人再生です。
参考サイト:個人再生
マイホームを失わずに返済していくという方法です。
もう1つは、任意整理です。
借金の内容を見直して、返済額を減らしながらも返していくという方法です。
参考サイト:任意整理
そして最後は、破産です。
自己破産をして借金をゼロにします。

これで返済の義務がなくなるということです。
それぞれの方法を選ぶときに、今の状況と借金の額を見直して決めていきます。
今もこれからもある程度安定した収入があって、返済額はこれくらいなら大丈夫、ということであれば任意整理をすれば解決するでしょう。
とにかくマイホームだけは手放さないように返済を続ける、ということであれば個人再生ということになります。
破産は、返済のめどがたたず収入もないという最終手段と言えます。

これから土地の売却をするならまず査定をしてもらいましょう

 

土地を売却したいと思っても、すぐに買い手がつくわけではありません。
自分で買いたいという方を探すのは大変ですから、不動産会社に仲介を依頼することになります。
不動産会社に仲介を依頼する前に、査定を行ってもらいどれくらいの価格で売却できそうかという目星をつけましょう。
査定は、直接物件を見てもらって行ってもらうのがベストです。
もちろん、その価格で売れるというわけではありません。
あくまで目星をつけるだけなのですが、これによってどの不動産会社に仲介してもらうかを決める大切なステップです。
仲介業者を決めたなら、それからは仲介業者と二人三脚で土地を売ることになるわけですから、簡単に言えばパートナー探しをするのと同じことです。
パートナーになってもらう人は、信頼できて頼り甲斐のある人が良いと思いませんか。
仲介依頼をするのなら、査定を依頼した不動産会社がどのような振る舞いをするかをよく見ておきましょう。
そして、ここならと思えるところと売却依頼をすることです。